TeR Detective Office

ストーカー対策

平成12年11月24日から
【ストーカー規制法】が施されました。
これによりストーカーを取り締まる法律が出来たわけですが、
実際のストーカー被害に対して効果を発揮できている、
とは言い難いのが現状です。それは被害の立証の難しさにあります。
警察も相談の段階では、
なかなか動いてくれません。
しかし、被害が起きてからでは遅いです。
ストーカーの行動に順序はありません。
何らかの拍子にいきなり凶行を犯す可能性もあります。
問題を感じたら、迅速に対応・対策を練ることで、深刻な被害を未然に防げます。
ストーカーに対する対策・交渉・証拠収集は当社にご相談下さい。

対策・証拠収集・交渉の流れ

具体的な調査方法の決定

現在の詳細な状況をお聞きして、
犯人像・傾向・行動分析・具体的な調査方法
の決定を行います。
【どうしてそのような経緯に至ったのか?】
【犯人は顔見知りか】
【犯人は全く面識のない人物か】
実際に受けている被害等、
様々な状況から分析を行うことで、
有効な対策を導き出します。

身元の判明

郵便物の盗難・異物の投函、無言電話・
いたずら電話、直接的な付きまとい行為など、
証拠撮影・尾行・各種データ調査から
身元の判明を行い、
示談書・念書・損害賠償請求書の作成/交渉
を行います。

当事者同士での話し合いの同席、
必要に応じて各種専門家・弁護士等の紹介
を行っております。

電話で無料相談

03-5731-0054(24時間受付)

(c) 2017 TeR All Rights Reserved.