信頼できる探偵会社をお探しの方へ

実績豊富な調査員が相談から一貫対応いたします

探偵に浮気調査を依頼した場合の調査期間と短縮するコツ

探偵に浮気調査を依頼したいと考えている方は、調査期間がどれぐらいなのか気になるのではないでしょうか。

調査期間が長期に及べば必然的に費用が高くなりますし、精神的な負担も重くなります。

ただ、調査期間はケースバイケースで、すべての人が同じではありません。

そこで、調査期間の大まかな目安と、なるべく早く終わらせるコツについて解説します。

浮気調査の調査期間は目的や難易度によって異なる

冒頭で述べた通り、浮気調査の調査期間は人によって違います。なぜなら目的や難易度によって変わるからです。探偵に浮気調査を依頼する主な目的は以下の通りです。

  • 浮気の事実を明らかにしたい
  • 離婚や慰謝料の請求の為に浮気の証拠が欲しい

もしも目的が浮気の事実を明らかにしたいだけなら、1週間以内の期間で終わる可能性があります。

最短だと1日目ですぐに証拠をつかむケースもあります。

その場合は費用も安く済みますし依頼者にとって理想的な結果だといえるでしょう。

一方の離婚や慰謝料の請求のために浮気の証拠が欲しい場合は、反論の余地がないほど決定的な証拠を用意する必要があります。

具体的には複数の浮気現場の証拠などです。

この場合は最低でも2週間はかかりますし、1ヶ月以上に及ぶこともあります。

また、パートナーが浮気の発覚を警戒している場合は、通常と比べて難易度が高くなってしまうことも頭に入れておかないといけません。

探偵に浮気調査を依頼した場合の調査期間にばらつきが生じるのは、このような事情があるからです。以下でさらにくわしく解説します。

浮気の事実を明らかにしたい時は1週間前後

浮気をしているパートナーに証拠を突き付けてやめさせたいなど、関係を修復するのが目的の場合の調査期間は1週間前後が目安となります。

パートナーが確実に浮気をしているとわかる証拠を1度でも押さえれば目的達成です。

たとえばパートナーが浮気相手とラブホテルに入る瞬間の証拠などが該当します。

この証拠を突き付ければ、パートナーは浮気を認めざるをえません。

また、パートナーの浮気がほぼ確定的で確実な証拠だけが欲しい場合や、浮気相手に関する詳細な情報を知りたい時なども同様です。

運が良ければ1日目に証拠を押さえることができ、短期間で終了するケースもあります。

運悪く空振りすることもありますが、調査期間が長期に及ぶことは少ないです。

離婚や慰謝料の請求が目的の場合は最短でも2週間以上

単に浮気の事実を明らかにしたい時とは異なり、離婚や慰謝料の請求が目的の場合は最短でも2週間以上かかるのが一般的です。

この目的の場合は1度だけの浮気では証拠として弱いため、複数の浮気現場の証拠を押さえる必要があります。パートナーが浮気をしていると確実に証明できる証拠です。言い訳や言い逃れを許さないようにしないといけません。

複数の浮気現場の証拠を押さえる必要がある性質上、最短でも2週間以上はかかってしまうケースが多くなります。

もしも運悪く空振りが続いた場合は、決定的な証拠が集まるまで1ヶ月以上かかることも覚悟しておかないといけません。

離婚や慰謝料の請求で効果的な証拠を複数回収集する為にはどうしても時間がかかってしまうことがあります。

パートナーが浮気の発覚を警戒している場合

パートナーが浮気の発覚に対してどのぐらい警戒しているかも、調査期間に影響を及ぼします。パートナーが浮気の発覚に無警戒なら、探偵は大胆に調査に取り組めます。

先手必勝でアグレッシブに動けるため、結果的に短期間で調査が終わりやすいです。

ですが、パートナーが浮気の発覚を恐れてやや警戒している場合は、慎重に調査を進めないといけません。

万が一気付かれてしばらくの間浮気を控えられたら、証拠を押さえるのは困難です。

警戒をかいくぐって証拠を押さえなければならないため、2週間以上かかってしまうこともあります。

もしもパートナーが探偵の存在に気付いていたら、最高レベルの難易度になります。

尾行しても逃げられかねないですし、そもそも浮気相手と会わなくなってしまいます。

このケースでは1ヶ月以上、場合によっては数か月かかってしまうことも視野に入れておいてください。

探偵の浮気調査をなるべく早く終わらせるコツ

依頼者は費用や精神的な観点から、探偵の浮気調査をなるべく早く終わらせたいと考えるのが普通です。

長引いて良いことは何もないですし、早く終わるに越したことはありません。

なるべく早く終わらせるコツは以下の通りです。

  • 浮気調査の目的を明確にする
  • 依頼前にできる限り情報収集しておく
  • 調査日を慎重に選ぶ

以上の点を意識することで、浮気調査の期間を短くできます。

どれも効果的ですので、忘れないようにしましょう。なぜ効果的なのかをさらにくわしく解説します。

浮気調査の目的を明確にする

探偵に浮気調査を依頼する目的の明確化は、期間を短くするのに効果的です。浮気調査の目的を、依頼する探偵にはっきり伝えてください。

依頼者の目的が定まっていれば、自ずと探偵の行動も決まります。

探偵の行動に無駄がなくなるため早く終わりやすいです。また、依頼者と探偵の認識違いによるトラブルも生じにくくなります。

依頼前にできる限り情報収集しておく

パートナーの浮気に関する情報が豊富なら、探偵は短期間で調査を終えやすくなります。

パートナーの情報はもちろんのこと浮気相手の情報もつかんでいれば、ピンポイントで調査することも不可能ではありません。

浮気場所はどこなのか、どのような移動手段で浮気場所に向かっているのかなど、できる範囲で事前に情報収集しておきましょう。

ただし、自分で調べることに熱が入り過ぎるのは危険です。

情報収集は大事ですが、周りの状況が見えなくなってしまい、探っていることをパートナーに気付かれたら元も子もありません。

前項でも述べましたが、パートナーが探偵の存在に気付いた場合は最高レベルの難易度になってしまいます。

事前に情報収集をする場合は、パートナーに気付かれないように細心の注意を払ってください。

調査日を慎重に選ぶ

いつパートナーが浮気相手と密会するのか、その日時がわかっていれば浮気の証拠を押さえやすくなります。

調査が空振りに終わる可能性が低くなるため、必然的に期間も短くなります。

調査の精度を高めるためには、パートナーの生活パターンを把握する必要があります。

たとえば毎週特定の曜日だけ残業を理由に遅い時間に帰宅する場合などは、浮気をしていておかしくありません。

生活パターンを把握してもピンポイントで調査日を指定するのは難しいですが、上手くいけば調査の日数を減らせます。

空振りを避けるために効果的です。

いつ浮気をしていそうなのか事前に調べておくことで、浮気調査の調査期間を短縮できます。

浮気調査の調査期間は事前の準備次第で短縮できる

探偵に浮気調査を依頼したいと考えている方なら誰でも気になる、調査期間について解説しました。

記事で述べた通り、浮気調査の調査期間は目的や難易度によって異なります。

浮気の事実を明らかにしたいだけなら、通常それほど日数はかかりません。ですが、離婚や慰謝料の請求のために浮気の証拠が欲しい場合は、時間がかかってしまう場合があります。

ただ、浮気調査の目的を明確にしたり依頼前にできる限り情報収集しておくことで、調査期間の短縮が可能です。

なるべく早く終わらせたい方は、十分に準備を整えてから探偵に依頼しましょう。

無料相談にて対応中です、お悩みご相談ください。
 

調査に関する相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(直接相談をご希望の方はお電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)

    メールに返信電話に連絡どちらでも可能

    直接相談の予約を希望される方は、希望日時をご選択ください。
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※すでに第三希望まで先約が入っている(または対応可能な調査員がその日時に不在)の場合は、弊社から新たな日時を提案させていただく場合がございます。

    ※相談は原則、弊社の相談スペース(自由が丘)になりますが、出張での相談をご希望の場合はその旨お伝えください。可否含めてご返信いたします。

    総合探偵社トリプルエー(以下、弊社)は、個人情報の重要性を理解しその保護を徹底しております。以下プライバシーポリシーを制定し個人情報保護法およびその他法令を遵守することをお約束いたします。

    個人情報の取り扱いについて
    個人情報とは、お客様から提供された情報及び業務に関連する情報、並びに関係者に関する情報のうち、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、識別番号、記号、符号、画像、音声、その他の記述等により特定の個人を識別できるもの(当該情報だけでは識別ができない場合であっても他の情報と容易に照合することができ、これにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)をいいます。
    弊社は善良な管理者の注意義務をもって個人情報及び秘密情報等を管理し、それらを保護するために、情報等の漏洩が生じないように必要かつ適切な、合理的予防措置を講じます。個人情報及び秘密情報等について、厳密に秘密を保持するものとし、第三者に開示あるいは漏洩し、また、業務の目的以外に使用いたしません。ただし次の場合を除きます。
    ①ご本人の同意がある場合
    ②法令に基づく場合、人の生命・身体又は財産の保護のために必要がある場合
    ③公的機関への協力など特段の事情がある場合

    秘密情報とは、お客様から提供された情報及び業務に関連する情報であって、営業上、技術上、財産上、その他有益な情報及び秘密とされるべき情報をいいます。但し、そのうち次の各号の情報については除外いたします。
    ① 開示時にすでに正当に保持していた情報
    ② すでに公知であった情報
    ③ 責めに帰すべき事由によらず公知となった情報
    ④ 書面によって事前に承諾した情報

    個人情報および秘密情報についてのお問い合わせ
    個人情報および秘密情報の保護管理体制についてのお問い合わせは弊社までご連絡ください。

    総合探偵社トリプルエー
    東京都公安委員会 探偵業届出番号 第30210216号

    ページトップへ戻る