信頼できる探偵会社をお探しの方へ

実績豊富な調査員が相談から一貫対応いたします

現在、探偵社に寄せられるご相談の中で1番多いのが浮気問題です。浮気調査では、夫・妻・彼氏・彼女の行動を監視し、浮気相手との接触の確認、不貞行為の証拠収集等を行います。

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 夫や妻、パートナーの様子がおかしい。
  • 相手の態度冷たくなった。
  • 浮気をしている事が分かってしまった。
  • 離婚してほしいと告げられ、どうすればよいのか分からない。
  • 離婚を決断したが、どうすれば有利な条件で離婚できるのか知りたい。
  • 専門家に相談したら探偵社に依頼したほうがいいと言われた。

浮気問題を自分一人で解決することは難しい

浮気問題の解決の為には、まず浮気の事実を確認する事が必要で、その事実を基にどのように解決に向けて物事を進めていくかが重要となってきます。しかし浮気問題でお悩みの大多数の方は、解決に向けて効率的に物事を進めていくことが、とても難しいと感じておられるようです。弊社にご相談いただくケースでは以下のような問題があります。

  • 浮気の事実を確信しているが証拠はない
  • パートナーが浮気を自白しているが、それだけで裁判に勝てるのか?
  • 自身で集めた証拠が、どの程度通用するのか判断がつかない。
  • 証拠を掴みたいがどこに頼んでいいのか分からない。
  • 探偵社に頼んだが、証拠が足りていない気がする。
  • 証拠をどう活用すればよいのか分からない。

そもそも浮気調査はどのように行うのか?

浮気調査とは、浮気が疑われる夫や妻の行動を確認し、主に離婚裁判や慰謝料請求などで使用する為に、浮気をしている事が客観的に見て明らかな物的証拠を収集する目的で行う調査ですが、その際にまず浮気調査を行う目的を明確にすることが大切です。

  • とにかく浮気をしているかどうか事実が知りたい
  • 離婚は考えていないが、浮気をやめさせたい
  • 浮気の証拠を元に離婚を考えている
  • 夫(妻)・浮気相手に慰謝料を請求したい
  • 財産分与や親権を得る為に自身が有利になる証拠が欲しい
  • 離婚調停を優位に進めるため証拠が欲しい
  • 今すぐではないが将来に備えて浮気の証拠を取っておきたい

上記のように浮気調査を行う目的は様々ですが、どのような目的で浮気調査を行っても、調査の手法・方法自体はあまり変わることはありません。

しかし収集する証拠の回数や内容、その後の対応、証拠の活用法などは、調査目的によって大きく変わってくることがあります。

例えば「離婚は考えていないが浮気の事実のみが知りたい」ケースと「夫(妻)・浮気相手に慰謝料を請求したい」ケースを比較した場合、浮気の事実が知りたいだけであれば、証拠を自身の目で見れば納得できる事も多く、回数も一度あれば十分という方もいらっしゃると思います。

しかし離婚裁判や慰謝料請求の為に証拠を使う場合は、裁判で通用する内容の証拠を複数回収集し、その後の対応や活用法も含めて調査プランのご提案をする必要があります。

ご自身が納得できる証拠と、裁判などで争う相手に納得させる証拠とでは意味合いが変わってくることがあるのです。

浮気をしている事が客観的に見て明らかな物的証拠とは

物的証拠とは証拠物のことを指しますが、浮気の裁判においては密会現場の写真や動画、またはそれらを添付し説明を加え作成した報告書が、客観的に見て明らかな物的証拠となります。

では、実際の浮気調査の報告書に記載されている写真はどのような物かというと、浮気相手と不貞行為(性的行為)を行っている場面の写真や映像が撮影されていることはごく稀で、たいていの場合は不貞行為が行われたと判断される場所に、二人きりで一定時間過ごしていた事が分かる写真や映像となります。

  • ラブホテルに出入りした写真や映像
  • シティホテルやビジネスホテルに出入りした写真や映像
  • マンションの一室など密室に出入りした写真や映像
  • 車の中で性的行為を行っていることが確認される写真や映像

※画像はサンプルです

一般的には上記のような証拠があれば、裁判資料としても十分通用する物証となりますが、中には一緒にホテルに行ったのは事実だけど不貞行為はしていないなど、苦しい言い訳をしてくるケースも実際にありました。そのような言い訳をさせないためにも、ホテルへの出入りの証拠を複数回収集し、その他にもデートをしている密会現場で手を繋いでいる証拠や、キスシーンなどがあれば、裁判で認められないことは100%あり得ない万全の証拠と言えるでしょう。

当事務所の解決事例

では、当事務所にご相談いただいた様々な内容から、実際にどのような調査プランを提案し、どのような証拠を取って、その後の対応から証拠の活用に繋げたのか、解決に導いた事例を解説します。

解決事例1

■  相談内容

依頼者のAさんは30代の専業主婦で、40代の夫、3歳の女児と都内で暮らしています。

夫は某メーカーの営業マンでした。ヒヤリングした内容や提供された写真から弊社が抱く同人物の印象として、高身長、清潔感がありいかにも異性に人気がありそうな好青年でした。

Aさんはそんな夫を誇らしく思うのと同時に、時折見せる言動や行動に不信感を抱くことがありました。

夫の仕事は順調で華やかな業種ということもあり、付き合いが多いことは昔からでしたが、Aさんは優秀で人気のある夫なのだから付き合いは仕方ない、家庭を大切にしてくれればそれでいいと考えていました。

しかし自身が子供を出産し家庭に入って3年が経過した頃から、外で自由に振る舞う夫の行動が気になり始め、時折抱いていた不信感も増えてきました。

ただAさんはご自身で夫のスマートフォンを調べたり、何かを問いただすような行動を取ることはなく、ただ漠然とした不安感を解消したいという思いと、何をどうすれば良いのか分からないという葛藤があるみたいでした。

■  調査プランの提案

Aさんには夫が外で浮気をしているという確証はなく、ご自身で調べたり何か問いただすような行動を取ることに抵抗もあり、ただ漠然とした不安感が何なのか、もし仮に夫が浮気をしていても、その後どうしたいのか、どうすれば良いのかが分からないという悩みでした。

しかし、夫の外での行動が気になる事は確かで、そこに漠然とした不安感があるという事は、何かあっても不思議ではないと思っているという事であり、それが女の勘なのか、夫が時折見せる言動や行動に抱く不信感なのかは不明とのことでした。

そこで弊社は「まず事実のみを確認し、判明した事実に対してその後のことを考えましょう」と提案しました。

そして重要なのは、調査の回数や期限を定めて調査を行う事で、例えば「自身が怪しいと感じる日を5日間調査する」、「3か月の間でランダムに設定した日時を予算内で調査する」という方法です。

そしてもし何もなければ夫は潔白であったと信用し、今後は疑うことをやめたほうが良いでしょう。

■  調査結果

Aさんは平日の3日間を候補日に挙げ、退勤後の夫の浮気調査を行いました。指定した3日間は、いずれも飲み会の予定が入っており、取引先や社内メンバーとの飲み会の様子が確認されました。

初日と2日目は特に何もなく、飲み会で楽しんでいる夫の様子が窺えただけに思えましたが、実は調査班の中ではすでに目星がついていました。

初日、2日目ともに同行していた部下と思われる20代女性に対する、夫の態度や接し方から関係性に疑いを持ったのです。

そして1週間後の調査3日目、予想通り同日も部下の女性を含めた飲み会が行われていましたが、飲み会が終了して帰宅途中に疑惑は現実のものとなりました。

酒も入って上機嫌だった夫は、駅までの道中に部下の女性の手を握り、腰に手を回すなどの行動を取り、雑居ビルの物陰で抱き合いキスをしていました。

その後は名残惜しそうに別れた二人でしたが、調査班は今後のことを考え女性の追尾を継続し、女性の帰宅先のマンションを割り出しました。

■  その後の対応

Aさんに調査結果を報告したところ、ショックを隠し切れない様子でした。

同時に怒りが込み上げてきたのか、証拠を元に夫と話し合いたい、出来れば相手の女性も含めて話したいとの事でした。

しかし現状では、二人の関係性がただの同僚でないことは明白でしたが、慰謝料請求を行える程の不貞証拠を収集できている状況ではない事、また、現状で二人を問い詰めても最悪の場合、言い訳や、シラを切ったり、逆切れをしたりと、すんなりと非を認めない場合もあり得ることを説明しました。

今までのケースでも、裁判で完全に認められる証拠を元に問い詰めない限り、言い逃れをしてくる場合があり、最初は認めていたのに、争う段階になったら証拠が不十分と反論してくるケースなども沢山ありました。説明を聞き、数日間悩んだ結果、Aさんは今すぐに問い詰めるのではなく、今後、慰謝料請求や離婚裁判にまで発展した最悪のケースに備えて、どのような状況になっても自身が泣き寝入りしなくて済むように、万全の証拠を収集するという道を選択しました。

■  解決に向けて

Aさんは夫を問い詰めることはせず、あえて泳がせて追加調査を行いました。

ここで下手に問い詰めると、夫が警戒して証拠が取りづらくなるからです。浮気をしている夫に対し爆発しそうな気持を抑えて生活するのはとても辛かったでしょうが、無警戒に行動する夫の調査は順調に進み、ついに万全の浮気証拠を手に入れました。

Aさんはその証拠を元に、夫と女性を相手に話し合い証拠を突きつけました。言い逃れのできない内容の証拠に観念したのか、2人は素直に非を認めました。

その後Aさんは離婚を検討していましたが、ギリギリまで悩み考え抜いた結果、夫とやり直す決意をしました。夫も心を入れ替え今後は家族に為に頑張ると約束し、浮気相手の女性は、慰謝料請求をしないという条件で、二度と夫と接触しない旨を公正証書で約束し、その後、転職したということでした。

解決事例2

■  相談内容

会社経営者の妻であるBさんは、長年夫の愛人問題に苦しんできました。愛人の素性は全てわかっていましたが、開き直っている夫に見て見ぬふりを続けてきました。

しかし子供も独り立ちし、今後の人生について考え始めたBさんは、離婚して新たな人生を歩みたいと思うようになりました。

Bさんは意を決して、夫に離婚したいと告げましたが、夫はまともに取り合わず、勝手にしろと、その代わり財産は一銭も渡さない、離婚理由はお前にある、などと理不尽な言い分を繰り返しました。

人の好いBさんは、それでも仕方ないと考えていましたが、親族や友人に説得され、紹介された某探偵C社に相談し、夫の浮気調査を依頼しました。

しかし、結果的にC社の調査報告書の内容では、証拠として不十分との弁護士の判断で、再度紹介を受けた弊社が相談を受けることとなりました。

■  調査プランの提案

弊社が拝見した調査報告書は、すでにBさんが把握している愛人宅に出入りする夫の証拠を収集するという方法に固執している感があり、それ以外の夫の動きはほとんど分からないものでした。

会社経営者で動きが複雑な夫の尾行を行う上でのC社の判断だったのでしょう。それ自体は間違った判断であるとは言い切れないですが、惜しむらくは、調査中にBさんとの連絡や報告、調査の進め方の協議が全く行われていなかったことです。

Bさんは全てC社に任せっきりになり、C社は契約時に定めた1つの方法に一辺倒になり柔軟な対応ができなかった為、無駄な調査が行われてしまった時間も多くありました。

そこで弊社はBさんに徹底的なヒヤリングを行い、調査中はリアルタイムでの連絡を取り合う事で、効率的に予算内で結果を出すプランを練り直しました。

■  調査結果

事前のヒヤリングとBさんからのリアルタイムでの情報により、夫の外出を「会社業務での外出」「ゴルフや会食などの行動が読める外出」「全く予定を聞かされていない外出」とカテゴリーを分け、すでに把握している愛人宅を起点としながら、ポイントを絞っての調査を行いました。結果、夫は週に1~2回、法則的な動きで愛人宅に出入りしました。

さらにリアルタイムでの夫の動きを把握できていたことにより、Bさんにも行動の法則性が徐々に見えてきました。

そしてピンポイントで怪しい日程が絞り出せるようになった事から、今までは気付かなかった新たな愛人の存在も明らかになり、その証拠を収集する事が出来ました。

■  その後の対応

夫は長年の愛人の存在が、Bさんはもちろんのこと、周知の事実となっていた為、今更なにを騒がれようがどうにもならない問題だと、Bさんも納得の上で放置していたのだろうと、身勝手な論理を振りかざしてきました。

しかし新たな愛人の存在が発覚しているとは思ってもみなかったようで、その話になると態度が一変しました。

どうやら新たな愛人に関しては騒ぎ立てられたくない、関係を壊されては困ると考えていたみたいです。

互いに代理人を立て話し合いが行われた結果、まともに取り合わなかった夫は示談交渉に素直に応じ、Bさんにとって満足のいく条件で財産分与が行われ、新たな人生を歩むこととなりました。

浮気問題を当事務所に相談してみませんか

当事務所では、浮気問題に関するサポート業務を提供中です。ご相談いただきますと、

「どのような問題を」「どのように対処し」「最終的にどうしたいのか?」など、一人ではなかなか冷静に判断できない解決に向けての手順をスムーズに進められ、「こんなときどうすれば良いのか」「本当にこれで良いのか」など迷いが生じた際にも、豊富な実績から導き出す過去の統計や実例によるリアルなアドバイスによって、精神面での不安に悩まされずに済む、など様々なメリットがあります。

浮気問題でお困りの方は、当事務所に一度ご相談ください。相談・見積りは無料です。

当事務所の特徴

「問題解決にフォーカスした調査プランの提案」

お客様が抱えている真の問題は何なのか?どうすれば本当の意味で問題が解決するのか?解決方法はお客様により様々です、最適な方法をご提案できるよう心がけています。

「効率的に証拠を収集する為の豊富な経験と実績」

一辺倒な方法のみでは通用しない時があります。効率的に証拠を収集する為には豊富な経験が必要です。弊社には実績に裏付けされたノウハウがあり、無駄を省いた効率的なプランのご提案が可能となっています。

「提案したプランを的確に遂行する確かな技術」

絵に描いた餅では何の意味もありません。弊社には20年以上培ってきた確かな技術があり、ご提案した最適なプランを的確に遂行します。

サービスのご案内

無料相談

お電話や対面での相談、オンラインでの面談も行っております。

調査プランの提案とお見積もり(※無料)

お聞きした内容から最適な調査プランを提案し、お見積もり致します。

下見調査やシミュレーション

いただいた資料や情報を基に、提案した調査プランのシミュレーションや下見調査を実施し成功率を高めます。

調査開始(リアルタイム報告)

調査中はできる限りリアルタイムでの報告を心がけております。それによりお客様と現在の状況を共有でき、調査方針の確認、場合によっては軌道修正を行い、調査精度を高めていきます。

調査終了(解決に向けその後の対応)

収集した証拠や、得た情報からその後の対応、証拠の活用法などを教授いたします。また、必要に応じて各種専門家の紹介もおこなっておりますのでご安心ください。

浮気調査の料金

浮気調査の料金をご案内します。料金はタイムチャージ制になっており、契約時間が長時間に及ぶほど時間単価が割安になっています。また、調査員の人数ですが、通常は調査員2名体制、もしくは3名体制の調査が基本となっております。

ミニマムプラン

  • 調査時間4時間
調査員2名体制 78,000円
延長料金30分 9,000円
追加人員1名1時間 9,000円

スタンダードプラン

  • 調査時間10時間
調査員2名体制 170,000円
延長料金30分 8,500円
追加人員1名1時間 8,500円

24時間パックプラン

※1回の調査を最低4時間から対応、最大で6日間の稼働が可能です。

  • 調査時間24時間
調査員2名体制 384,000円
延長料金30分 8,000円
追加人員1名1時間 8,000円

40時間パックプラン

※1回の調査を最低4時間から対応、最大で10日間の稼働が可能です。

  • 調査時間40時間
調査員2名体制 600,000円
延長料金30分 7,500円
追加人員1名1時間 7,500円

56時間パックプラン

※1回の調査を最低4時間から対応、最大で14日間の稼働が可能です。

  • 調査時間56時間
調査員2名体制 784,000円
延長料金30分 7,000円
追加人員1名1時間 7,000円

80時間パックプラン

※1回の調査を最低4時間から対応、最大で20日間の稼働が可能です。

  • 調査時間80時間
調査員2名体制 1,040,000円
延長料金30分 6,500円
追加人員1名1時間 6,500円

120時間パックプラン

※1回の調査を最低4時間から対応、最大で30日間の稼働が可能です。

  • 調査時間120時間
調査員2名体制 1,440,000円
延長料金30分 6,000円
追加人員1名1時間 6,000円

料金に含まれるもの

  • 早朝・深夜料金
  • 緊急対応料金
  • 調査機材代
  • 事前の下見調査とシミュレーション
  • リアルタイム報告
  • 調査報告書の作成
  • 証拠の活用法とコンサルティング
  • 調査後のアフターフォロー(法律家・専門家の紹介など)

調査経費とは

交通費

  • 調査員の移動(調査開始場所まで、調査終了場所から ※弊社所在地である自由が丘駅を起点に計算します。)
  • 調査対象者を尾行する為に掛かるもの(電車やタクシーなど、交通機関を利用すれば同じように調査員の料金が掛かります。 ※調査報告書の動きと照らし合わせることで詳細が確認可能です。)

調査車両代

調査車両を使用した場合の料金及び、有料道路やガソリン代などの経費が加算されます。また場合によりレンタカーを使用することがあります。

走行費

走行距離によりkm/50円の料金が加算されます。これには調査車両の保険料や調査員の危険手当などが含まれています

店内潜入費や宿泊費

監視張り込みに必要な場合や会話内容の聞き取り、証拠撮影の為など、ご説明の上、事前了承を得て行います。

その他の必要経費

ご説明の上、事前了承を得ます。

浮気調査の対象地域

調査対象地域は全国対応です。また、海外での調査にも対応しておりますのでご相談ください。

ご依頼の流れ

1. 電話や面談による無料相談 ※オンライン相談可

まずはお客様のお悩みをお聞かせください。相談のみで問題が解決した事案もあります。お気軽にお問い合わせください。

2. 調査プランのご提案とそれに掛かる費用のお見積もり

最適な調査プランのご提案を行い、それに掛かる費用をお見積もりいたします。ご予算に応じてオーダーメイドプランのお見積もりも可能となっておりますのでお問い合わせください。

3. ご契約

ご提案したプランとお見積もりをよく検討され、ご納得いただけましたら契約書面を交わしていただきます。契約書は探偵業法を遵守した内容となります。契約内容や重要事項説明書などをご確認ください。

4. ご入金、事前打ち合わせから調査開始へ

前金をご入金いただき、資料や情報の提供を受け、事前の打ち合わせが終わりましたら、いよいよ調査を開始することとなります。大多数のお客様は、おそらく初めてのご依頼となると思われます。どのような些細なことでも不明点、疑問点ありましたらお気軽にご質問ください。

浮気調査に関するよくあるご質問

浮気調査に関するよくあるご質問に関して、以下で回答しております。ご参考になさってください。

調査員からパートナーの浮気でお悩みの方へ

弊社がこれまでに相談を受けた浮気問題でお悩みの方には、どう動けばいいのか分からず立ち止まっている方や、最適な行動ができずに思うような結果が出ていない方、中には自分が我慢すればよいと諦めてしまっている方もいらっしゃいました。

現在の状況や悩んでいる内容は人それぞれですが、1つだけ間違いないことがあります。それは悩みを相談し、前を向き問題解決に取り組んだ方にその後、後悔した方はいないという事です。

たとえ自分が思うような結末にならなくても、浮気調査を行って出た結果というのは紛れもない事実なのですから。

私たちは悩みを抱える方たちに、浮気問題のプロフェッショナルとして、依頼をして良かったと思ってもらえるように日々取り組んでいます。浮気問題にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

無料相談にて対応中です、お悩みご相談ください。
 

調査に関する相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(直接相談をご希望の方はお電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可能

    直接相談の予約を希望される方は、希望日時をご選択ください。
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※すでに第三希望まで先約が入っている(または対応可能な調査員がその日時に不在)の場合は、弊社から新たな日時を提案させていただく場合がございます。

    ※相談は原則、弊社の相談スペース(自由が丘)になりますが、出張での相談をご希望の場合はその旨お伝えください。可否含めてご返信いたします。

    ページトップへ戻る