信頼できる探偵会社をお探しの方へ

実績豊富な調査員が相談から一貫対応いたします

浮気調査のメリットとデメリット

パートナーの様子がおかしい、もしかして浮気をしているのかもしれないとお考えの方、もしくは何らかの手段で既に浮気をしている事がほぼ分かっている状態の方など、浮気調査を検討するタイミングは様々です。そんな中で、浮気調査を行うことによって得られるメリットと、どのようなデメリットがあるのかでお悩みの方を多くお見受けします。

以下では浮気調査のメリットとデメリットを解説しています。浮気調査を検討中の方は一読いただければ、何かの参考になるかと思います。

浮気調査を行う事によって得られるメリットとは

浮気調査を検討されている方にとって、浮気調査を行う事で得られるメリットは沢山あります。

以下ではプロの探偵に依頼をして、浮気調査を行った場合に於いて得られるであろうメリットを解説します。

浮気の事実が目に見える形で確認できる

探偵に依頼して浮気調査を行った場合、調査報告書としてレポートや写真、動画を確認する事が出来ます。疑わしかった場合は勿論ですが、ほぼ浮気をしている事を確信していたケースでも、やはりどこかで信じたくない気持ちがあるのでしょう。

正式な調査報告書を見て、ようやく本当に事実として実感するという方は非常に多いです。

まずは浮気の事実をきちんと目に見える形で確認し、今後どうされるのかという判断材料として活かしてください。

浮気調査で得た証拠を使い責任追及できる

浮気調査報告書を、配偶者や浮気相手への責任追及の材料として活用される方も多くいらっしゃいます。

まずはご自身で浮気調査報告書を元に配偶者と話し合う方、浮気相手も交えて話をする方や、中には浮気相手のみに責任追及をしたい方など、追及の仕方は人それぞれです。

ご自身での追及はせず、弁護士に全て任せるのも選択肢の一つです。

いずれにせよ、明確な証拠がなければ責任追及をしても、白を切られたり、逆に憤慨されてしまったということも多くあります。

裁判になった際に証拠となる裁判資料として使用できる

浮気調査報告書を元に、配偶者や浮気相手に責任追及し慰謝料を請求した場合、相手が争ってくる可能性もあります。

その場合は裁判までを想定しなければなりませんが、浮気調査報告書は客観的に見て浮気が行われたであろうと判断される内容になっていますので、裁判でも十分通用する資料となります。

自身を守る資料となり精神的な安心材料となる

浮気調査を行えば目に見える事実の確認ができますが、まだその後どうしたいのかが明確に決まっていない方や、とにかくまずは事実を確認してからその後の事を考えたいという方も多くいらっしゃいます。

しかし浮気疑惑では無く、はっきりと目に見える形での浮気の証拠を得た方は、良い意味で開き直る事が出来たという場合が多くあります。

直ぐにではないにせよ将来的に離婚となった際には自身を守る材料になりますし、裁判でも通用する確固たる浮気の証拠を掴んでおくことで精神的な安心材料としての効果があります。

また、浮気をした配偶者側からの離婚の申し立ては原則認められないことになっていますので、配偶者の身勝手な行動に振り回される心配がなくなります。

このように、浮気調査を行うメリットは沢山ありますが、やはり疑惑や憶測ではなく目に見える形で真実を知るという事が一番大きなことなのではないかと思います。浮気調査を検討されている方というのは、浮気問題で悩んでいる段階から解決しようと一歩前に進んだ状態だと考えられます。

であれば浮気調査を行わないほうが良いという選択はほとんどあり得ません。真実を知るという事はまず何よりも先に行わなければならないことだからです。

浮気調査を行う事で考えられるデメリットとは

前項では浮気調査を行う事によって得られるメリットを解説しましたが、もちろん、デメリットが全く無い訳ではありません。

以下では浮気調査を行う事で考えられるデメリットを解説します。

費用が掛かる

探偵に依頼すると調査費用が掛かります。

デメリットとして強く感じられてしまう方は、理由の1つとして探偵に依頼をすること自体が、基本的にネガティブな行為だと思われていることがあるのではないでしょうか。

確かに配偶者の浮気を暴く行為は決して嬉しいものではありませんので、それにさらに費用が発生するのであれば極力抑えたいと考えるのは普通の事だと思います。しかし事実を見て見ぬふりをして放置していても問題は解決しません。

浮気問題で悩んでいる段階から解決しようと一歩前に進んだのであれば、大切なのは費用の相場を知ること、適正なサービスが提供されているかを判断すること、そして決して金額のみで依頼する探偵を選ばないことです。

精神的苦痛を感じる場合がある

浮気調査を行う事で、配偶者の不貞行為を写真や動画で確認する事になります。もちろん性行為そのものではありませんが、手を繋いで腕を組んで歩いている姿や、抱き合ったりキスをしている姿を写真や動画など目に見える形で確認してしまうと、精神的苦痛を感じてしまう方もおられます。

また、調査期間中は浮気をしている配偶者に何も知らないように接し普通に生活することを要しますが、これを苦痛に考えてしまう場合もあるようです。確かに、不貞行為を行っている配偶者と何事もなかったかのように生活し、目に見える形で浮気の証拠を確認するのは決して楽なことではありません。

浮気調査は必ずしも自分の思い通りに進むとは限らない

浮気調査を行って、結果的に思うように上手くいかなかった場合に、損をしたと感じる方がいらっしゃいます。

例えば配偶者の浮気をする頻度が少ない場合などは、運悪く調査日に密会をせず調査の空振りになることもあります。これは浮気調査において起こり得る仕方のない事なのですが、時間と費用のみを無駄に使ってしまった、と落胆する方がいらっしゃいます。

また、密会はしたものの決定的な証拠となる不貞行為が行われなかった場合などは、なんで今日に限って……と悔しい思いをされる事もあるでしょう。

プロの探偵からすると、調査というものはそういうものだと経験上分かっている事ですが、初めて浮気調査を経験するお客様には分かりづらい事かもしれません。

デメリットは調査を行う探偵が契約前にしっかりと伝えないといけない

いかがでしょうか?浮気問題を解決するためには、調査を行わないという選択肢はほぼあり得ないとお伝えしましたが、それは浮気調査を行うメリットとデメリットをしっかりと確認したうえでのことです。

そしてそのデメリットは、調査を行う探偵が調査を検討しているお客様に包み隠さずしっかりとお伝えする必要があります。

メリットのみを強調して都合の良い調査プランを提案したり、デメリットを伝えずに契約を勧めるような場合は、トラブルの原因となりますので調査の契約をするには注意が必要です。

そしてメリットデメリットをしっかりと確認した後は、そのうえでお客様自身が浮気調査を実際に行うべきかどうか、判断し決断する必要があります。

浮気調査を行った方が良い人とは?

  • とにかく真実が知りたい
  • 浮気問題を早く解決したい
  • 配偶者が浮気をしている事が分かっていて悩んでいる
  • ある程度の費用は問題を解決するのに仕方ないと考えている

上記の様な方は迷わずに、できるだけ早急に浮気調査を行うほうがよいでしょう。

メリットとデメリットを確認し慎重に検討したほうがいい人とは?

  • 浮気を疑っているが真実を知るのが怖い
  • 調査に必要なコストで迷っている
  • 予算が限られているのでその範囲で必ず結果が欲しい
  • 浮気をしている可能性は50%以下だと思う

上記の様な方は、メリットとデメリット、そして依頼をする探偵にも条件や費用面をしっかりと確認して、慎重に検討することをお勧めします。

浮気調査を行わない方がいい人とは?

  • 配偶者にそもそも興味が無い
  • 浮気調査に掛かる費用がもったいない
  • 探偵が信用できない

上記の様な方は、浮気調査を行わない、調査会社に依頼しないほうが良いと思われます。

浮気調査を行う事によって得られるメリットは沢山ありますが、デメリットが全くないわけではありません。そのあたりはお客様ご自身が、良いこと悪いことを天秤にかけて慎重に判断する必要があります。

ただ、今まで20年以上浮気問題に取り組んできた弊社の見解からすると、きちんと考えてご自身で納得したうえで浮気調査を行った結果が、たとえどのような結果だとしても、そのことに本当に後悔をされている方をお見かけすることはほとんどありません。

浮気調査を行った結果は紛れもない真実です。浮気問題は、放置しても時間が解決してくれることはまずありません。

無料相談にて対応中です、お悩みご相談ください。
 

調査に関する相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(直接相談をご希望の方はお電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可能

    直接相談の予約を希望される方は、希望日時をご選択ください。
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※すでに第三希望まで先約が入っている(または対応可能な調査員がその日時に不在)の場合は、弊社から新たな日時を提案させていただく場合がございます。

    ※相談は原則、弊社の相談スペース(自由が丘)になりますが、出張での相談をご希望の場合はその旨お伝えください。可否含めてご返信いたします。

    ページトップへ戻る