信頼できる探偵会社をお探しの方へ

実績豊富な調査員が相談から一貫対応いたします

<相談事例> パパ活相手に脅迫されています

相談者:50代男性

某マッチングサイトで知り合った女性と俗にいうパパ活を行っていたのですが、相手女性の要求が増えてきたこともあり最初から少し違和感もあったので良い機会だと思い、別れようと告げたら突然態度が豹変しました。

その後脅迫めいた内容のメッセージが送られてくるようになり、現在は電話もメッセージも拒否していますが、それでも共通の知人を通じての伝言などでプレッシャーをかけてきます。手口が慣れているので今後が少し不安です。このような場合、御社でどんな対応が可能でしょうか?

調査員:

承知しました。まず脅迫めいた内容というのはどの程度なのかを確認させてください。

そしてその内容次第では脅迫罪が成立する事案かもしれませんが、警察や弁護士にはすでに相談されていますか?まだの場合これから介入させることはお考えですか?

現段階で警察に相談する事は考えていません。
弁護士には少し相談しましたが、内容的には脅迫とまではいかないレベルだと言われました。
メッセージの内容や知人を通じての伝言を資料としてまとめてきましたのでご確認ください。

承知しました。拝見させていただきます。

脅迫とは

刑法上の脅迫とは他人に恐怖心を与えることとあります。「殴るぞ」「殺すぞ」「家に火をつけるぞ」など、相手に恐怖を感じさせるために行われた言動はこれに当たります。

また、脅迫とされる言動で恐怖を与え財産を交付させることを「恐喝」と言います。

ただし相手の受け取り方やニュアンスなどでも言葉の意味合いは変わってくることもあり、例えば些細な口喧嘩でもつい口癖のように「殺すぞ」などと口走る人もいます。

このことから刑法上では「脅迫罪」が成立するかを判断することは難しい部分もあり、財産を交付させることを目的に脅迫とされる言動で恐怖を与える「恐喝罪」が成立するかに重きを置いているという傾向があるようです。

一般的に「脅迫」をする理由には「恐喝」が目的というケースが多くあると思います。
つまり最終的には「お金が目的」で「恐怖を与える」ことが殆どですが、恐喝をする人間が馬鹿正直に「お金を払わないと殺すぞ」などと言う事はありません。
大体は嫌らしいやり方で恐怖を与え、相手側からお金で解決しようと行動させるよう企む訳ですが、拝見させていただいた資料から判断するに今回のケースは2通りのパターンが考えられます。

  • お金が目的の脅迫
  • 恋愛感情からの怨恨

どちらも良くあるパターンと言えますが、恋愛感情からの怨恨の場合はお金目的じゃなく、こちらの出方によっては相手が何をするか分からない恐怖感があります。
ですがそれを逆手にとって怨恨を演出した恐喝のケースもありますので、それは相手の属性を良く見極める必要があります。
また、おっしゃっていたようにプレッシャーの掛け方や、やり口が手慣れている感があるのは気になるので、そのあたりは相手だけではなく背後関係や裏で絵を描いている存在を把握してから、アプローチの仕方を変え慎重に対応する必要があると思われます。

そうなんです、、、プレッシャーの掛け方が非常に嫌らしくて、本当に本人が1人でやっているのか気になります。

相手の属性を見極める

パパ活をする女性にも様々な理由があると思いますが、基本的には金銭的な援助を目的としています。

違うのはその援助の額や、その為のアプローチの仕方になると思いますが、傾向として仲が深まると金銭的な要求を増やしてくるパターンは、言い方は悪いですが「良いカモ」と考えられている場合が多く、仲が深まると金銭的な要求より他の要求が増えてきた場合は恋愛感情などの要素が絡んでのことだと考えられます。

もし「良いカモ」と考えられていた場合、要求に応えられなくなり別れを切り出した途端に態度が豹変する可能性はあります。

そしてそういった際にどのような行動に出るかにはその人間の属性が大きく関係しており、まずはそこを調査する事が必要となります。

属性を見極める調査とは

属性を見極める為にはその人間の素の部分を確認しなければなりませんが、一般的に行われているパパ活で相手女性のことを何処まで把握しているのでしょうか?

大体の場合、相手の携帯番号も分からず知っているのはLINEのみということがほとんどで、SNSが当たり前の現代社会に於いて、それはおかしくも無く珍しくもないごく普通のことなのです。

しかしLINEのみの情報からその人物のことを調べるのは限りなく不可能です。

パパ活を続けていく中での会話などから得た情報はありますが、はたしてそれは真実なのでしょうか。

確かに、そう言われると相手のことはLINE以外なにも分からないと言っても過言ではありません。
そこからどうやって相手のことを調べるのですか?

まずは相手女性の自宅を調べる必要があります。
属性を知る為その人間の素の部分を確認すると言いましたが、そのような調査を素行調査と言います。素行調査にはまず何よりも住居を確認するのが第一です。
住居を知れば同居人の有無も分かりますし、そこから勤務先を調べる事も出来ます。
勤務先が分かればその職種によって、その人物の属性を判断する基準にもなりますし、そこから交友関係などにも繋がる調査に移行することも可能です。

LINEしか分からない女性の自宅を割り出す方法とは

LINEのIDから所有者の住所を割り出すことは民間の調査会社ではほぼ不可能です。

なのでパパ活をやっているなら、そのサイトやアプリから女性に接触する形を取ります。

すでに依頼者自体が知り合ったサイトが分かるのであればそのサイトから、分からない場合でも本人の写真、またはLINEのアイコンなどから他サイトでの登録の有無を調べることが可能です。

そしてサイトでの接触が可能な状態になったら、工作員を実際に接触させ女性と会う段取りをします。

パパ活では最初から割り切りというような接触もありますが、まずは顔合わせのような意味合いで、お茶したり食事をしてその日はバイバイということも多いです。

工作員と別れた後は女性がどこに帰宅するかを尾行して割り出せば、まず第一の目標は達成となります。

割り出した自宅で属性を判断する

割り出した自宅が何処なのか?場所や広さ、分譲、賃貸、家賃、マンションなのか一戸建てなのか?などからも女性の属性が分かってきます。

戸建ての場合は実家か既婚者の可能性が高く、マンションなら広さや家賃でおおよその生活レベルを判断する基準となります。

同居者の有無と勤務先を判明させる

割り出した自宅の監視張り込みを行うことで、女性に同居人がいるのかということが分かり、女性の尾行を行うことで勤務先を判明させることが出来ます。

また、女性に配偶者や恋人と思われる同居人がいた場合は、その人物の属性も調べる必要があります。

なるほど、、、そこまで調べれば相手がどんな属性で、なんの目的で脅迫しているかが分かるということですか?

ある程度の属性は判断できますが、何の目的なのかは相手に直接聞いたわけではありませんので推測の域を出ません。
しかしそれは分からなくても最低限上記の内容を調査しておけば、後は相手側が今後どのような行動に出てくるのかを引き続き注意する必要がありますが、基本的には何もない限り放置という形で大丈夫です。

放置で大丈夫なのですか?

はい。
今現在がなぜ不安なのかというと、相手側のことが何も分からなくて不気味だからです。
相手側のことを最低限でも判明させておけば、案外普通の人間だったなと思う事もあるでしょうし、もしヤバい奴だった場合でもそれを事前に知っておくことで対応が可能になります。
問題なのは不安で不気味に感じつつも放置していた結果、急に相手側から何らかの攻撃を食らったときにとっさの判断では最適な対応ができないということです。

調べた結果やばい奴だった場合は余計に不安になりそうですが、、、今までのケースでそういうことはありますか?

はい。
同棲相手が俗にいう半グレのような人物で「パパ活狩り」という「美人局」のような行為を繰り返していた事案などもあります。
なのでそういった背後関係なども事前に分かっていれば対応の仕方もありますし対策も打てるのです。
現状では警察を介入させるつもりはないと言われていましたが、場合によっては真っ先に相談するのは警察がベストという事案も当然あります。

そうですね。では早急に調査をお願いします。

まとめ

パパ活でのトラブルは急増しています。

内容的にあまり世間には知られたくないという事で事件が明るみに出ないケースを含めると相当な数が想像されます。

手口も段々と巧妙化されていて、慣れているつもりの人でも被害に遭う可能性があります。

当社に相談があるケースでは、何らかの事情があり出来れば内々で処理したいという要望が多くあります。

重要なのはまずは相手を知ることです。相手を知ることで安心できるケースや、更に危険度が増す場合もあります。

当社ではそのようなトラブルに於いて豊富な実績があり、放置するのが好ましいのか、ご自身で示談が可能なのか、弁護士を介入させるのが得策か、それとも真っ先に警察に相談するべきなのか、など様々な事例から得た経験則での対応が可能となっております。

お悩みの方は一度ご相談ください。

無料相談にて対応中です、お悩みご相談ください。
 

調査に関する相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(直接相談をご希望の方はお電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)

    メールに返信電話に連絡どちらでも可能

    直接相談の予約を希望される方は、希望日時をご選択ください。
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※すでに第三希望まで先約が入っている(または対応可能な調査員がその日時に不在)の場合は、弊社から新たな日時を提案させていただく場合がございます。

    ※相談は原則、弊社の相談スペース(自由が丘)になりますが、出張での相談をご希望の場合はその旨お伝えください。可否含めてご返信いたします。

    総合探偵社トリプルエー(以下、弊社)は、個人情報の重要性を理解しその保護を徹底しております。以下プライバシーポリシーを制定し個人情報保護法およびその他法令を遵守することをお約束いたします。

    個人情報の取り扱いについて
    個人情報とは、お客様から提供された情報及び業務に関連する情報、並びに関係者に関する情報のうち、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、識別番号、記号、符号、画像、音声、その他の記述等により特定の個人を識別できるもの(当該情報だけでは識別ができない場合であっても他の情報と容易に照合することができ、これにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)をいいます。
    弊社は善良な管理者の注意義務をもって個人情報及び秘密情報等を管理し、それらを保護するために、情報等の漏洩が生じないように必要かつ適切な、合理的予防措置を講じます。個人情報及び秘密情報等について、厳密に秘密を保持するものとし、第三者に開示あるいは漏洩し、また、業務の目的以外に使用いたしません。ただし次の場合を除きます。
    ①ご本人の同意がある場合
    ②法令に基づく場合、人の生命・身体又は財産の保護のために必要がある場合
    ③公的機関への協力など特段の事情がある場合

    秘密情報とは、お客様から提供された情報及び業務に関連する情報であって、営業上、技術上、財産上、その他有益な情報及び秘密とされるべき情報をいいます。但し、そのうち次の各号の情報については除外いたします。
    ① 開示時にすでに正当に保持していた情報
    ② すでに公知であった情報
    ③ 責めに帰すべき事由によらず公知となった情報
    ④ 書面によって事前に承諾した情報

    個人情報および秘密情報についてのお問い合わせ
    個人情報および秘密情報の保護管理体制についてのお問い合わせは弊社までご連絡ください。

    総合探偵社トリプルエー
    東京都公安委員会 探偵業届出番号 第30210216号

    ページトップへ戻る