信頼できる探偵会社をお探しの方へ

実績豊富な調査員が相談から一貫対応いたします

浮気調査を実施している期間に依頼者が取ってはいけない行動とは

探偵に浮気調査を依頼しているときには、依頼者が取ってはいけない行動があります。

そうした依頼者の行動により、大きな問題が起こる可能性があるからです。

依頼者にとっては良かれと思う行動かもしれませんが、結果的にスムーズに進んでいた浮気調査が失敗してしまうことも少なくありません。

この記事では、浮気調査中に依頼者が取ってはいけない行動とは何か、そしてその行動によりどういったリスクがあるのかについて詳しく解説していますので、浮気調査を検討中の方はご参照ください。

浮気調査はプロの探偵に依頼することで成功する

浮気調査は簡単ではありません。

何となく素人でもできるというイメージがあるかもしれませんが、浮気調査は最終的に裁判で争うことになっても必ず勝てるように、依頼者が有利になる証拠を収集するという目的のために行われます。

その為には対象者に気付かれることなく調査を進める必要があり、状況に応じた判断など、十分な知識と経験がなければ行うことはできません。

とくに裁判で有利になる証拠の収集については、プロの探偵でなければ成し遂げることは難しいでしょう。

写真による証拠や、場合によっては動画撮影、さらには情報収集のための聞き込みなども必要なため、素人が知識もなく進めることは簡単ではなく、さらにそうした証拠収集を対象者に気付かれることなく行うにはプロの探偵だからできることです。

浮気調査を実施している際に依頼者が行ってはいけない行動とは

浮気調査時に依頼者が行ってはいけない行動はたくさんあります。

これから浮気調査を依頼したいと考えている方は、以下の行動に気を付けてください。

どの内容も依頼者がしっかり気を付けることで、プロの探偵はイメージ通りに調査を進めることができ、重要な証拠を収集することが出来ます。

情報収集のために対象者に質問攻めにしてしまった

プロの探偵に調査依頼を行うときには、その対象者の多くの情報を探偵に提供する必要があります。

情報は多ければ多いほど、スムーズに調査が行えるだけでなく、裁判で必要になる証拠も収集しやすくなります。

しかし、そうした情報を少しでも多く提供しようと対象者に必要以上に質問してしまうと、浮気調査していることに感づかれる可能性があります。

対象者がおかしいと感じた時点で、浮気の事実を隠す可能性があり、より慎重に浮気相手と密会するようになるかもしれませんので、対象者から情報を収集する場合は少しずつ、自然な会話で聞き出す必要があります。

対象者に必要以上に優しくしてしまった

意外に多いのが、対象者に必要以上に優しくしてしまったという失敗です。

対象者はいつもと違う依頼者の言動や態度を不審に感じる可能性があります。

勘の鋭い対象者の場合、もしかすると探偵に依頼しているかもしれないと考えるようになり、密会の頻度を減らすなどの行動に移るかもしれません。

そもそも、対象者のほとんどは浮気をしていることが発覚しないように注意しています。

依頼者の言動や態度により、何かしらの異変に気付いた場合、その後の探偵の調査に支障をきたす可能性がありますので注意してください。

探偵に依頼していることを話してしまった

依頼者が探偵に依頼していることを他人に話してしまうことも、やってはいけない行動の一つです。

これは女性の依頼者が起こしやすい失敗ですが、例えば今まで浮気について相談していた友人に、探偵に依頼したと話したことで、どこからか情報が洩れ、対象者にバレたという事例があります。

女性の場合、誰かに相談したい、誰かに今の状況を伝えたいという気持ちが強いため、うっかりと相手を信頼して話してしまうようです。

もし対象者に探偵が調査している事が知れ渡ってしまうと、今までの浮気調査が台無しになる可能性があり、今後の調査も継続する事が難しくなるでしょう。

少なくとも調査が終わるまでは、探偵に依頼していることは誰にも伝えない方が良いでしょう。

探偵がきちんと仕事をしているか過剰に確認してしまう

依頼者は、探偵がしっかりと仕事をしてくれているのか気になるでしょう。

早く裁判をしたい、早く離婚したいという思いが強く、探偵の仕事の進め方をチェックしたいという気持ちになるかもしれません。

多いのは自分でも気づかぬうちにLINEや通話など、探偵とのコンタクトが過剰になっている事です。

しかし、こうした行動により対象者に何かを感づかれてしまうケースがあります。

探偵は調査期間中、依頼者の要望には出来るだけ応じようとしています。

しかし依頼者はあまり過剰にならないほうが案外スムーズに物事が進むことが傾向として多いです。

探偵に依頼したあとは、全てを任せるくらいの気持ちでいつも通りの生活を心がけて下さい。

自分で浮気調査をしてしまった

依頼者本人が浮気調査に勝手に参加してしまうことも、調査が失敗する原因になります。

できるだけ早く浮気の実態を掴みたいと考え、勝手な行動に移れば対象者にバレてしまう可能性があります。

また、せっかく掴みかけていた証拠が台無しになることもあり得ます。

依頼者が自分でも調査ができそうだと考え、探偵に相談なく対象者にGPSや盗聴器を仕掛けてバレてしまったという事例もあります。

浮気の証拠を掴む調査は決して簡単なことではありません。

さらに裁判において重要な証拠資料を集めるには、プロの探偵による豊富な知識と経験が必要になります。

もちろん良かれと考え自身で行動をしてしまう事は分からなくもありませんが、探偵に浮気調査を依頼した場合は、その探偵に相談なく安易な行動は取らないことをおすすめします。

浮気調査中にやっても良い行動もある

浮気調査中に依頼者がやっても良い行動もあります。

もちろん、そうしたことも探偵と事前に打ち合わせをしたうえで取るべき行動や言動のため、不安であれば必ず担当の探偵に確認しておいてください。

対象者から離婚の提案があっても拒否する

もし浮気調査期間中に対象者から離婚の提案があっても、調査が終わるまでは出来るだけ拒否してください。

離婚を受け入れてしまった場合、後から浮気の事実の証拠が見つかっても既に関係が終わっていたと主張される可能性があるからです。

もしかすると、対象者が不利な状況にならないために離婚の提案していることも考えられますので、そのような提案があっても浮気調査期間中は拒否することをおすすめします。

復縁の提案があった場合は受け入れる

逆に復縁の提案があった場合は、嘘でも構いませんので前向きに検討する姿勢を見せてください。

あまりに頑なに聞く耳も持たない態度はあまり理想的ではありません。もしかすると怪しまれる可能性もあります。

また、対象者からの復縁の提案は、依頼者を安心させ浮気の事実を隠蔽するために行う可能性もあります。

その罠にはまってしまい安心して復縁の提案を受け入れ、もう必要が無いと探偵による調査も打ち切ってしまった場合、結局その後に関係が上手くいかなくなって離婚裁判となったときに、あの時に証拠を取っておけばよかったと後悔する事にもなりかねません。

いずれにしても、まずは復縁の提案は受け入れ、探偵による調査は継続してください。

普段とは違う行動や言動をしないことが重要

対象者が不審がり、調査がバレてしまう原因の多くに、依頼者が普段と違う行動や言動を取ってしまうことが挙げられます。

結婚して長く夫婦生活を続けてきた場合はそうした些細な行動や言動でも、勘の良い対象者なら勘ぐるケースは多くあります。

そもそも浮気している人は、そうしたことに常に敏感になっている傾向にありますので、浮気調査を依頼している方は普段通りの行動・言動を心掛けましょう。

無料相談にて対応中です、お悩みご相談ください。
 

調査に関する相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(直接相談をご希望の方はお電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)

    メールに返信電話に連絡どちらでも可能

    直接相談の予約を希望される方は、希望日時をご選択ください。
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※すでに第三希望まで先約が入っている(または対応可能な調査員がその日時に不在)の場合は、弊社から新たな日時を提案させていただく場合がございます。

    ※相談は原則、弊社の相談スペース(自由が丘)になりますが、出張での相談をご希望の場合はその旨お伝えください。可否含めてご返信いたします。

    総合探偵社トリプルエー(以下、弊社)は、個人情報の重要性を理解しその保護を徹底しております。以下プライバシーポリシーを制定し個人情報保護法およびその他法令を遵守することをお約束いたします。

    個人情報の取り扱いについて
    個人情報とは、お客様から提供された情報及び業務に関連する情報、並びに関係者に関する情報のうち、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、識別番号、記号、符号、画像、音声、その他の記述等により特定の個人を識別できるもの(当該情報だけでは識別ができない場合であっても他の情報と容易に照合することができ、これにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)をいいます。
    弊社は善良な管理者の注意義務をもって個人情報及び秘密情報等を管理し、それらを保護するために、情報等の漏洩が生じないように必要かつ適切な、合理的予防措置を講じます。個人情報及び秘密情報等について、厳密に秘密を保持するものとし、第三者に開示あるいは漏洩し、また、業務の目的以外に使用いたしません。ただし次の場合を除きます。
    ①ご本人の同意がある場合
    ②法令に基づく場合、人の生命・身体又は財産の保護のために必要がある場合
    ③公的機関への協力など特段の事情がある場合

    秘密情報とは、お客様から提供された情報及び業務に関連する情報であって、営業上、技術上、財産上、その他有益な情報及び秘密とされるべき情報をいいます。但し、そのうち次の各号の情報については除外いたします。
    ① 開示時にすでに正当に保持していた情報
    ② すでに公知であった情報
    ③ 責めに帰すべき事由によらず公知となった情報
    ④ 書面によって事前に承諾した情報

    個人情報および秘密情報についてのお問い合わせ
    個人情報および秘密情報の保護管理体制についてのお問い合わせは弊社までご連絡ください。

    総合探偵社トリプルエー
    東京都公安委員会 探偵業届出番号 第30210216号

    ページトップへ戻る