信頼できる探偵会社をお探しの方へ

実績豊富な調査員が相談から一貫対応いたします

iPhoneの位置情報やGPSアプリを浮気調査に利用する方法

もしかしたらパートナーが浮気をしている?

そんな不安な気持ちを和らげるためにも、相手の行動を知りたいと思う人も多いのではないでしょうか。
今では持っているのが当たり前といえる携帯電話ですが、その中でもiPhoneの位置情報やGPSアプリを浮気調査に活用される人も多いようです。
今回は、浮気調査の方法や活用できるアプリ、注意点や探偵への依頼についてご紹介していきます。

iPhoneの位置情報サービスとは

iPhoneの位置情報サービスとは、GPSやWi-Fiスポット情報などから取得したiPhoneの位置情報をアプリを活用することで、子どもや家族など他者の現在の位置を確認することができる機能です。
お互いの位置情報を共有することで待ち合わせなどにも利用されたり、近隣の飲食店やショップなどを表示し探したりもできます。

位置情報を浮気調査に活用する

位置情報を共有することで相手が今どこにいるのかを知り、不自然な場所や行動をとっていないかなど浮気を疑う証拠として位置情報は活用できます。

iPhoneの位置情報サービス

iPhoneの位置情報のサービスは、アプリごとにサービスが無効の状態である「許可しない」やAppを利用している時だけに有効の状態である「このAppの使用中のみ許可」、Appがバックグランド中でも有効となっている「常に許可」のいずれかで選択することができます。
自分の位置情報を共有するには、家族であれば「設定」アプリから設定することが可能です。また友達などであれば「友達を探す」アプリから設定を行うことができます。
それぞれ誰と共有するかで設定方法が異なりますが、信頼のおける相手との位置情報共有が可能です。

Androidの位置情報サービス

Androidの位置情報サービスも、携帯端末の位置情報を取得できます。取得した位置情報を基にマップアプリで使用すれば現在地の確認や経路、交通情報、周辺の店舗を検索するなど利用環境に合わせて活用することで利便性を高めることが可能です。
携帯端末の位置情報を利用して位置を調べることもでき、同じGoogleアカウントを使うことでパソコンなどから「Googleデバイスを探す」を利用することで大まかな位置を特定したり、端末をデータごと保護したりすることもできます。
他にも写真の撮影地である位置情報を記録したり、訪れた場所の記録をすることが可能です。

浮気調査に活用できるアプリとは

位置情報を活用し浮気調査に使用できるアプリがいくつかあり、どのアプリを使うのかによって調べられる内容が異なるため参考までにいくつかご紹介します。

mSpy(位置情報・遠隔撮影・録音・通話・メッセージ・SNS監視)

子どもや家族を守るために監視することを目的として開発されたmSpyは、スマホやタブレットなど携帯端末の行動である位置情報やカメラ機能、通話やメッセージ、SNSに遠隔でアクセスすることができます。
iPhoneやiPad、AndroidなどOSに左右されることなく使用でき、位置情報だけでなくメールや通話、SNSなどをチェックし監視することができるので、オンライン上で待ち受けるいじめや薬物使用、自殺願望、アンチなどの不審者の行動の危険を検知することが可能となり、安全性を高めることが可能となりました。
しかしmSpyは子どもや家族を守る目的だけでなく、位置情報からSNSまで幅広く監視できることから相手の不審な行動や浮気の調査などに利用されることが多くなってきました。

位置情報 遠隔撮影 録音 通話 メッセージ SNS

<利用するためには>

  1. 無料のアカウントを作成する
  2. 使用目的に合わせたプランの選択をします
  3. コントロールパネルよりログインして調査開始する

Cerberus(位置情報・遠隔撮影・録音)

Cerberus(ケルべロス)は、Androidスマートフォン専用のアプリです。
スマートフォンに搭載されているGPS機能を使って、アプリがインストールされているスマートフォンを追跡することができます。Cerberusの機能としてGPS追跡機能だけでなく、よく寄る場所をリストとして取得することや音声・映像として記録し撮影することも可能です。また、通話記録の取得やSMSのログ、サイトやアプリをスクリーンショットで記録すること、データの削除・非表示にすることもできます。
Cerberusを相手の同意を得てインストールしてあれば、アカウントからサイトへログインして追跡することができるので相手の位置情報や浮気の証拠として浮気調査に利用されることもあるようです。

位置情報 遠隔撮影 録音 通話 メッセージ SNS

アプリのライセンス料金は、1台であれば約650円(5ユーロ)、10台で約5,590円(43ユーロ)のように登録する台数で料金が異なるプランとなっています。また年単位での料金支払が発生するため、アプリで残りの期限などをしっかり確認してプランの更新をすることが大切です。

<利用するためには>

  1. アプリ「Cerberus反盗難」をインストールする
  2. スマホへのアクセスを許可し、Cerberusアカウントを作成する
  3. 登録後には、スマホを追跡するのみです

Track View(位置情報・遠隔撮影・録音)

Track Viewは、ホームセキュリティカメラとして赤ちゃんやペットなどの様子を確認するアプリとして開発されました。iPhoneやAndroid端末でインストールすることができ、カメラ機能を使って遠隔で撮影することやGPS機能を使って位置情報を取得すること、遠隔でアラームを鳴らすことができます。
無料版のプランのほかに、有料版の「シルバープラン」や「ゴールドプラン」があり、操作する端末数や使える機能が変わってくるのでご使用の目的に合わせて検討が必要です。

アプリを使用するためには、Googleアカウントが必要になるためアカウントを作っていることが必要となります。
操作したいスマホと自分のスマホもしくはパソコンにアプリをインストールしていれば、浮気調査としても活用することが可能です。しかし無料版ではアプリを使用した際に相手の端末にも通知が届くなどのデメリットもあり、たとえ夫婦間であっても勝手にインストールすることは「不正指令電磁的記録供用」の違反行為になることもあるので注意しましょう。

位置情報 遠隔撮影 録音 通話 メッセージ SNS

<利用するためには>

  1. iPhoneならApp Storeから、AndroidならGoogle Playから「Track View」アプリを端末にインストールします。
  2. Googleアカウントでログインして、端末へのアクセスを許可します。
  3. 遠隔操作したい端末にもTrack Viewがインストールしてあれば、アプリにて遠隔操作が可能です。

AirDroid(位置情報・遠隔転送)

AirDroidは、パソコンとスマホなどの端末をUSBケーブルなしで接続できるアプリとして開発されました。
AirDroidを使用することでケーブルやWi-Fiなどの環境に左右されることなくファイル転送や登録したAndroidを追跡し、遠隔操作で紛失した場合などに捜索することやデータのバックアップ機能を利用することもできます。
パソコン対応だけでなく、AndroidやiOSにも対応しているのでどのスマホにも対応が可能です。
AirDroidアカウントは、ファイル転送の制限や遠隔でのカメラ操作ができないなど、制限のある無料アカウントやすべての制限がなく使用できるプレミアム会員の有料制があります。

位置情報 遠隔転送 録音 通話 メッセージ SNS

<利用するためには>

  1. パソコンとスマホに公式ホームページから「AirDroid」をインストールもしくは、Web上でログインする。
  2. AirDroidカウントを登録し、パソコンとスマホの初期設定を済ませる

Prey Anti Theft(位置情報・遠隔転送)

Prey Anti Theftは、スマホの位置情報を把握することができるGPSアプリで、紛失や盗難など防犯目的で使用されていますが、浮気調査にも使えると使用が増加してきています。またiPhoneやAndroidなど端末を選ぶことなく、無料で使用することが可能です。
Prey Anti Theftでは、GPSでスマホの位置情報を確認・記録することやカメラで画像を撮影すること、遠隔でアラームを鳴らすことや任意のメッセージを端末に送るなど操作することができます。
アプリには料金プランが無料・Personal・Homeの3種類あり、それぞれで管理する台数やメールに位置情報を送ることやスマホデータの保護など内容が異なり、それに追加してCustomプランで追加料金がかかるが機能を追加することもでき、使用目的に合わせて選択することが大切です。

位置情報 遠隔撮影 録音 通話 メッセージ 遠隔操作

<利用するためには>

  1. アプリのインストールをし、アカウントを作成する
  2. 端末のアクセスを許可してアプリを使用する
  3. パソコンやタブレットからPrey Anti Theftのサイトから登録したアカウントからアクセスして使用する

アプリを使用する際の注意点とは

位置情報やスマホなどの記録を取得するアプリを浮気調査などに使用することも多くなってきていますが、使用する際には、注意することやデメリットがあります。

  • 浮気の証拠として能力の信憑性
  • アプリを起動させるデメリット
  • セキュリティ面の負担

・浮気の証拠としての能力の信憑性
どのアプリにも言えることですが、元の開発は浮気調査を理由としていません。
浮気調査として利用することができますが、相手の同意や許可がないとインストールすることが「不正指令電磁的記録供用」や「プライバシーの侵害」という違法行為にあたり犯罪となります。そのためその際に得られた証拠データなども「違法収集証拠」とみなされることになります。
違法での証拠収集などを行うと自分の首をしめることになりかねません。

・アプリを起動させるデメリット
Prey Anti Theftは、インストールしただけでは意味がなく、アプリが起動していないと位置情報などを読み込むこともできないことや、無料版のTrack Viewを起動すると相手に通知が送られてしまうなどデメリットがあるので注意が必要です。

・セキュリティ面の負担
AirDroidは、Androidを遠隔操作するときにroot化することで利用できますが、その際にセキュリティ面が少し弱くなる可能性があることや、リモート機能が悪用されないようにしっかり管理することがデメリットとなってきます。

最終的な証拠収集は探偵に依頼するのも検討すべき

裁判などにも使用できる証拠はアプリを使って集めることもできます。しかしデメリットとして、相手の同意を得てインストールする必要があるなどの注意点があり、合法的かつ秘密裏に情報を集めるのには適していない部分も多くあります。
それよりも、もしアプリを使用できるのであれば情報収集として利用して、その情報を探偵に提供することで調査を効率よく行うことができればかかる費用も抑えることが可能です。
調査期間や人数などで調査プランの金額なども変わってきますが、探偵への依頼となると、無料のアプリと比べてしまうと確実に費用が高くついてしまいます。しかし、法的なリスクや相手にばれるリスクなどを考慮すると、やはりプロに依頼することが確実と言えます。

まとめ

同記事ではiPhoneの位置情報やGPSアプリを浮気調査に活用する方法、またその際の注意点や探偵への依頼について解説しました。パソコンやスマートフォン、タブレットなどの紛失や盗難対策として、iPhoneやAndroidのシステムやアプリで位置情報を取得することができます。それを利用し相手の位置情報や端末でのやり取りなどを調べ、浮気調査の武器として活用するというやり方が主となります。
しかし厳密にいうとアプリを使用する上でも、相手の承諾を得ている必要があり、そのような点では不便さを感じることもあるかもしれません。実際にどう活用するかは自身の判断と自己責任で行う事ですが、強引なやり方でリスクを冒すよりも、少し予算がかかってしまっても確実な方法を選択する方が多いのも事実です。大切なのは様々な方法を上手く活用して、効率的に浮気の証拠を収集する事です。この記事が良い情報としてお役に立てば幸いです。

無料相談にて対応中です、お悩みご相談ください。
 

調査に関する相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(直接相談をご希望の方はお電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)

    メールに返信電話に連絡どちらでも可能

    直接相談の予約を希望される方は、希望日時をご選択ください。
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※すでに第三希望まで先約が入っている(または対応可能な調査員がその日時に不在)の場合は、弊社から新たな日時を提案させていただく場合がございます。

    ※相談は原則、弊社の相談スペース(自由が丘)になりますが、出張での相談をご希望の場合はその旨お伝えください。可否含めてご返信いたします。

    ページトップへ戻る