ストーカー被害に遭いやすい女性とは

ストーカーは相手に自分の存在を伝える為に、特定の人に執拗につきまといます。

しかし全ての女性が狙われているわけではありません。
全くストーカー被害に縁がない人もいれば、
ストーカー被害に遭いやすい人もいます。

そして被害に遭いやすい女性は、ストーカー被害に遭いやすい人は定型的な特徴があります。

まず、外見がおとなしい人。

抵抗する気配がなく、簡単に言いなりになりそうという理由です。

付きまとっても、自分に被害が起きないと思われています。

電車でちかんに遭いやすい人がこのタイプです。

そして、優柔不断な人。

自分の意志がなく、相手任せの人は、女性を自分の思い通りに支配したい願望の男に狙われます。

また、八方美人な人。

ストーカーになるタイプの人は人一倍思い込みが激しく、勘違いしがちです。

嫌われるのが怖くて誰にでもいい顔をすると、「この人は自分に好意を持っている」と思われてしまいます。

ストーカーは卑劣な行為です。
被害に遭われる人が悪いということは絶対にありません。

しかし日常の行動を気をつけることで被害にあう可能性が低くなるのも事実なのです。

盗聴器の周波数とは

思わぬところに仕掛けられている盗聴器。
どこかで自分の生活音や会話を聞かれていると思うと不安ですよね。
盗聴は現在も情報収集の主流であり、バッテリー、機器の小型から目視での発見は困難です。
しかし、機器がどんなに小型になっても電波を発信していることには変わりありません。

 

盗聴器の周波数には盗聴6波と呼ばれる代表的な周波数があります。
中でもUHF帯は使用が多く、FMラジオなどで受診しています。
FMラジオが受信できるのは76〜90MHz。

 

安価で手軽ですが範囲は狭く、100メートルほどが平均的。
実際に使用される際は使い捨て盗聴器の場合がほとんどです。
範囲が狭いため、一度電波を受信できればすぐに仕掛けられている箇所が特定できます。

 

コンセントから電源が供給されているタイプなら、電波を確認しながら一部屋ずつブレーカーを落としていくことで仕掛けられている部屋を特定できます。

 

多くはコンセント裏か、電化製品の中に仕掛けられています。
このように一般的なUHF帯を使用した盗聴であれば簡単に発見できます。
盗聴の不安解消にお役立てください。

盗聴器が仕掛けられている予兆は?

盗聴器が仕掛けられた予兆はいろいろな形で発見することができますが、まず見覚えのない物がいつの間にか部屋にある場合は要注意です。
例えばコンセントタップ。
設置した覚えのないコンセントタップがいつの間にか存在し、実はその中には盗聴器が仕掛けられていることがあります。
そして知らない間に自宅の中に侵入されて設置された可能性もあるのです。

電話にノイズが入るようになった時にも可能性があります。
ノイズの発生は電話機自体の故障だったり、回線に異常があることによっても起こることがありますので一概には言えませんが、盗聴器から出る電磁波によってノイズが出ている可能性も否定できません。

無言電話が多くなった時、そして自宅にいる時ばかりに電話が掛かってくるという時も注意した方が良いと言えます。
盗聴器によって在宅しているのか、留守なのかを判断しており、在宅中を狙って無言電話をしてくるケースもあるのです。

盗聴器が仕掛けられることによって生活に何らかの変化が起こることがありますから、おかしいと思ったらプロに相談するなどしてみた方が良いでしょう。

盗聴されるのは個人だけじゃない

盗聴と聞くと個人ばかりが連想されますが、実際には法人の被害も少ないものではありません。

むしろ、法人の方が他社の情報は知りたいものですから情報収集に余念はなく、中には違法な手段を使って情報収集している企業もないとはいえません。

その企業自体が直接違法行為に手を染めるわけではなくても、産業スパイのような第三者に情報収集を依頼するということもあり、依頼を受けた側は高額の報酬を受け取るために違法なことをしても他社の情報を集めてくるということはドラマの世界に限った話ではないのです。

また、盗聴器は外部の人間だけが仕掛けるとは限らず内部の人間が仕掛けることもありえます。

企業では常に派閥争いなどが起こりますから、相手のウィークポイントとなる点を見つけるためであったり、あるいは特定の人物がどちらの派閥に属しているのかをはっきりさせるために盗聴器を仕掛けるといったこともありえます。

このように法人の場合には、直接利害に関わってくるものだけに自分の利益のために盗聴を行うということがあるため、個人よりも大きな被害にあいやすいものとなっています。

盗聴の目的とは

悪質なユーザーが家庭や職場に盗聴器を仕掛ける目的は主に3通り存在します。

まず1つめの目的ですが、いわゆるストーカーが付きまとう異性の情報を知るためです。

ベッドや個人部屋に盗聴器を設置すれば、私的な会話が盗聴出来るため、ストーカーが付き纏う場所をより性格に選べたり、歪んだ性癖を満たせる等の目的が果たせます。

ストーカーする相手に恋人が居ないか監視する、といった目的でも設置され、不適切な情報収集のツールとして悪用されています。

続いて2つめの目的ですが、企業スパイをするために設置されるケースも多いです。

企業の会議室や重役の部屋に設置される盗聴器はそういった目的を果たすために取り付けられており、企業秘密が機械を介して外部に漏れてしまう被害があります。

そして最後の3つめの目的ですが、単なる趣味目的で盗聴器を仕掛ける妙な人々もいます。

特に悪事を働くわけでもなく、他人の会話などを盗み聞きするのが趣味という変わった人々が世間にはいており、賃貸アパートを退去する時などに、面白半分で盗聴器を仕掛けて去っていき、その後の入居者の生活を盗聴して好奇心を満たす奇特な方がいます。

探偵の一日

今回の探偵依頼は、奥様の浮気調査です。

今日は、朝から張り込み調査が開始となりました。

依頼主であるご主人が出かける朝8時から、お子様が学校から帰ってくる15時までが怪しいようです。

一戸建て住宅ですので、該当人物の見分けは付きやすいと言えます。

朝8時から張り込みをし、10時頃ようやく一人の男性がご自宅に訪問しました。

そして30分後、奥様と男性が出てきたので写真に収め、デート現場へ向かいます。

男性に洋服などを買ってあげている様子でした。

その後、お昼の12時に二人がホテルに消えて行ったのです。

2時間ご休憩ののち、奥様は一人でホテルから出てきました。

奥様は15時には帰宅し、お子様を迎えたのです。

一方、もう一人の調査員をホテル前に残し、男性の動向についての連絡を待ちます。

その間、他の案件のチェックをしておき、スケジュール確認をしていました。

夕方17時にようやく男性がホテルから出てきた際、別の女性の姿があったのです。

男性はホストで、一緒に居た女性は常連客でした。

以上の浮気調査の流れを報告書にまとめます。

これで一日が終了します。

外国人相手の裁判はどこの国の法律が適用される?

結ばれる相手が必ずしも同じ所に住んでいるもの同士とは限りません。
日本人で、よく外国人と結婚したという話は珍しくないです。
結婚する事自体は簡単なのですが、離婚するとなると少し手続きに手間取る事が多いです。
なぜなら、国によって法律は結構変わります。
ですので、離婚するにしてもどこの地域の裁判所で手続きをとるかという問題で引っかかる方がよくいます。

まず相手の外国人の住所が日本にある場合です。
その場合ですと日本国内の法律に準ずる事になるので、原則的に家庭裁判所で手続きをとる事が可能です。
しかし、もし相手が外国に在籍している場合は国際裁判管轄権が認められます。
このように住所が同じ国同士であるか、またはそうではないかによって手続きは異なります。
場所や内容次第では、集める書類も変わってきます。
離婚をするにおいて揃えるべき書類やお互いの拠点などを把握し、どこで手続きをとるか間違いのないようにお互いを把握し合う事も大切です。
また、2人の夫婦の間に子供がいる場合はどちらが親権を持つかという事も事前に決めておくことで円滑にすすめるのです。

外国人と離婚する際大変なこと

国際結婚をしているカップルは今とても増えています。

しかし、文化の違い、言葉の壁、さまざまなことがネックとなって離婚率も増えています。

それは外国人との場合に限ったことではなく、日本同様のことなのですが、外国人との離婚は大変な場合が多いです。

まず、大きな壁となるのが法律です。

日本と外国では法律が異なりますので、慰謝料の問題、養育費の問題、親権であったり、財産分与の問題、と言ったことがメインになってきますが、国によって法律が異なります。

日本で生活をしていて、国籍も日本であるというのであれば、日本の法律を使って結論を出していくこともできますが、
それが外国になりますと、それはその国のきまりで行っていくことになります。

また、外国人が日本で結婚をして離婚をする場合になりますと、常識というものも違いますので、揉めてしまうことになるケースが非常に大きいのです。

国によって対処の仕方なども異なりますので、そういった意味の常識がこちら側とずれていることもあります。

文化の違いというのは、こういったところにも影響してきます。

外国人と離婚する際大変なこと

外国人と結婚する、いわゆる国際結婚は年々増加傾向にあります。
国際結婚が増加するとなると、その反対に離婚する夫婦も出てきてしまいます。
外国人と離婚するというのは結婚する以上に色々と難しい問題を孕みます。

一番厄介なのが法律関係です。
外国人の相手が日本に帰化した場合などは離婚時の夫婦の本国法が互いに日本であるため、日本の法律がそのまま適用されます。

また、常にいる居場所が日本である場合にも同様です。
しかし、帰化していなかったり、相手の国で結婚した場合などはその国での離婚手続きをすることになります。
アメリカなどは州によってバラバラとなり、スムーズにいく場合、また遅々として進まない場合などが大きく分かれます。

そのため、離婚する場合には現地の弁護士に依頼するなど、離婚に向けた話し合いを長い時間をかけて行っていくこととなります。

また、子供がいる場合にはその親権をめぐる話などもしていくことになり、だれが親権を持つかも重要となります。
以前は子供を連れ帰ってしまったことで大問題となったこともあり、そのあたりのことをあまり知らない人も多くいます。

ストーカーされているようなきがする人必見

世の中には、ストーカーをされている人もいます。

誰にでも加害者になる可能性もあるし、被害者になる可能性もあるものです。

初めは好意があったけれど、気持ちを受け入れてもらえなかったりすると人は怒りの感情になります。

ストーカーは、元恋人や元配偶者という例が多いです。

別れた後にストーカー行為をする人もいます。

帰り道に待ち伏せされているような気配がする時には要注意です。

警察や弁護士に相談したくても、証拠が確実ではなければ調査してもらえないこともあります。

ストーカーの行為としては、自宅や職場などで待ち伏せをされたりすることです。
会いたくないと思っているのに、会いに来て交際をすることを強要されたりします。

また、無言電話を何度もかけられたり、脅しのようなメールを送られることもあるものです。

どんな理由でも、相手が嫌がっている時点で、ストーカー行為と言われます。

何かおかしいと感じた場合には、探偵事務所に相談しましょう。

無料でも相談に乗ってもらえます。

確実な証拠があれば、弁護士などに相談することも出来るのです。