そもそもなぜ不倫が非難されるのか

不倫が悪というのは日本だけの概念というわけではありませんが、世界では複数の相手と交際をすることが許されている国もありますから、結婚をしている人が他の相手と交際するということが絶対的に倫理に反しているというわけではありません。

しかし、日本ではモノガミーが基本となっていて、複数の相手と一緒になることを前提としていませんので一夫多妻制のような考え方は受け入れられないものとなっています。

そのため、不倫は違法行為となってしまいますので非難の対象となっているのです。

一夫多妻制の場合には交際していることをオープンにするものですから、他の相手にも受け入れられやすいものとなりますが、日本の不倫の場合には秘密裏に行われることになりますので、その時のパートナーに対しての裏切り行為ということになるのでこれも非難される理由の一つとなります。

そして、不倫をすることは悪という意識が多くの人に刷り込まれていることから、同調圧力で不倫をする人間は許してはならないという考えを持つ人が多くなり、その結果として非難の対象になってしまうという理由もあります。

失踪と家出の違いは?

失踪も家出も同じとらえ方をされがちですが、はっきりとした違いがこの2つにはあります。
失踪の場合には、長期間にわたって生きているのか、それとも死んでいるのかという消息がはっきりしていないこと、行方が全くもってわからないケースが該当します。
失踪宣告など、法律の手続きも関係してくることになります。
一方の家出は、この家には戻らないという本人の意思によるものが関係しており、違う場所で一時的に生活している状態が家出となります。
誰かが消息を知っていれば、家出という扱いになりますが、誰も知らないような状態になってしまえば、失踪という扱いに変わります。

失踪の場合にはその安否が不明であるのに対し、家出は安否がはっきりしており、しかも、家出をすることを本人の意思で決めていることも絡んでいます。
忽然と姿を消すのが失踪であれば、家出はもう戻ってこないことを何らかの形で宣言し、連絡先をあえて残しておくなどのものになります。
ともあれ、失踪であっても家出であってもいなくなったことには変わりなく、捜索する方法などに変わりはありません。

探偵に資格って必要なの?

探偵に特別な資格は必要ないので、誰でもできる仕事ということになります。

誰でもできるというのは単純に資格の面で仕事につくことができないということがないだけで、実際には非常に専門性の高い職業となりますから、誰でもできる仕事ではないことはいうまでもありません。

調査には非常に様々なスキルが必要とされるものであり、それを身につけることができるセンスがなければ探偵としてやっていくことはできません。

資格は必要ないといいましたが、尾行調査などをする場合には車やバイクなどを運転することがありますから、最低限運転免許がなければほとんど仕事にならないと言えるでしょう。

このように探偵になるために必要な資格というのはありませんが、探偵として生きていくためには様々なスキルが必要となってきますし、調査をする時に使うために必要となってくる資格というのも出てきますから、資格は必要ないとも言えますし調査に合わせて必要な資格が出てくるともいえます。

資格自体は必要ないため誰でも探偵になることができるので、探偵を選ぶときにはそれだけ能力があるか相手をよく選ぶ必要があります。

妻に家出されてしまったら

自分が仕事などで外出していて、家に帰ってみると妻がいないという状況は誰にでも起こりうることです。
買い物なので出掛けているだけなら問題はありませんが、書き置きが残っており家出であることが判明したら一大事です。
慌てず、冷静に対処しましょう。

まず、避けなければならないのが捜索願を出すことです。
警察が介入してしまうと非常に大事になってしまい、妻が帰ってくる気があったとしても簡単に帰ることが出来なくなってしまうのです。
捜索願は最後の手段にして、まずは自分で出来ることから始めることが大切です。

家出をした妻が向かう場所として最も有力なのが妻の実家です。
まずは実家に電話し、妻が帰っていないかを確認しましょう。
もし帰っていれば電話を替わってもらい、一旦自宅に帰ってから話し合いをすることを伝えます。
もし電話に出てくれないようであれば、義両親に伝言を頼みましょう。

実家に帰っていないとなると、探すことが難しくなります。
妻の友人関係や親戚関係に全て連絡し、所在を突き止めるのです。
このとき、プライドは捨てることが出来れば探し出せる可能性が高くなるので、妻のことを最優先に考えて行動するべきです。

妻の主な家出先

妻が黙って家出をしてしまい、どこから探せば良いか困っているという方も多いと思います。
多くの人がまず思い浮かぶのが実家に帰ってしまったのではないかということです。
やはり何といっても自分の親は長く滞在しても特に気を遣う必要もありませんし、何かあれば夫との間に入ってもらうことも出来ます。
しかしどうしても家出先を知られたくないという妻にとって、実家は真っ先に探される可能性があるため、避けられる傾向にあります。

 

その場合、もし近くに友人がいるような場合であれば、友人の家にあげてもらっていることが多いです。
仲の良い友人であれば両親同様に気を遣わなくてすみますし、家出をすることになったきっかけを愚痴として聞いてもらうことで気分転換にもなります。

 

また意外にも多い家出先としてはファミレスがあります。
妻も働いていて家計を別々に管理しているといった場合などを除くと、妻が自由に使えるお金には限度があります。

 

どこにも行く当てがないという場合、ファミレスであれば低コストで長居することが出来るため、家出先に選ばれることが多いのです。

妻に家出をする理由

家出というのは、子どもがしてしまう場合もあれば、親がしてしまう場合もあります。
親ですから、夫がする場合もあれば、妻がする場合もあります。

なお、どういったことが原因となって家出という行動に走ってしまうのかを把握しておくと、防げることもあるでしょうから、知っておくと良いでしょう。

妻の場合ですと、日々のストレスが原因となって家出という行動に走ってしまうことがあります。
妻が感じる日々のストレスと一口に言っても色々なものがありますが、例えば夫がちっとも家事に協力しないといったことが負担となり、その辛い思いが家出という思い切った行動につながってしまうことがあるのです。

協力してほしいと思っていても、相手が協力してくれない場合、気持ちのぶつける場所がなくなり、どうすることもできなくなって家出をするというところまで精神的に追いつめられてしまうのです。

また、嫁姑問題というのも家出をする理由に十分なるものです。
お盆の時期や正月の時期に夫の実家に行った時に、口うるさく言われたりしたらへこんでしまうものですが、そういった時に夫からのサポートがあるとないとでは全然気持ちが違ってきますので、気遣いが重要と言えます。

家出の行き先〜大人編〜

家出とは家庭内でのトラブルによって起こる場合が多く見受けられますが子供ならず大人迄も家出に至るケースも少なからず存在します。

子供と違って大人の家出に関しては金銭的に余裕がある場合が多く、よって行動範囲が広い為捜すのが困難となる事もありますが深夜になると行動範囲は限られてきます。

マンガ喫茶、家出に至って快適に時間を潰すのち適した環境であり長時間コースの割引をしている店舗が多く少額で長時間の滞在が出来る為、家出をした時の拠り所として利用がしやすいです。

ネットカフェ、マンガ喫茶と同様に時間潰しには快適に過ごせて同じく長時間コースや深夜割引も出来る店舗も多数あり更にはシャワー設備がある所も多数見受け家出先としては個室でインターネットが出来るのを利用してホテル代わりにも使えますので資金が底を尽きない限りは見つけ難いです。

カラオケ、マンガ喫茶やネットカフェと比べると可能性は少し低いですが、長時間コースにて割引をしている店舗もある事を考えたら家出先の拠点としても利用が出来てカラオケが好きな人は、利用する可能性があります。

家出の行き先〜子供編〜

子供による家出は様々な理由で起こり得る事がありますが家出における人の行動範囲は意外と狭く金銭に持ち合わせが少なければ更に近場にて潜伏している事が多数見受けられます。

何れにしても、体力や精神面の他にも金銭的には限界がありますので周辺の場所を絞り込んでいけば家出人の行き先としては友達の家、コンビニ、マンガ喫茶となります。

友達の家、家出先としては1番に可能性が高く住居にて居心地は大変良く交友関係がある友達の家を選ぶ事が多く親側が知っている友達である事も十分に有り得ます。

コンビニ、本来は立ち読み以外にする事は無く良くて数時間の時間が潰せる程度ですが近頃はテーブルに椅子を設置してサービスとして休憩スペースがありますが、24時間にて融通が利くコンビニなどは深夜でも休める様に休憩スペースを提供してますので長時間の滞在が可能となり、それをわざわざ注意をする店員も少ないです。

マンガ喫茶、子供の家出先としては少し可能性が薄いですが高校以上の子供であればアルバイトなどでお金を持っている事もあり店内に入り浸る事も有り得ますが金銭的にも限界があり頻繁に出入りする事は難しいです。

大人の家出・失踪は要注意

子供の家出というのも大変なものですが、子供の場合には行き先など限られていますから以外にすぐに見つかったりするものです。

また、子供の場合には家を出ることが目的であるため命の危険にさらされるということはそれほどないので、治安の良い日本では時間がたてば無事見つかるというパターンが大半です。

しかし、大人となると話は別であり本人の意思でどこまでも行くことができますし、周囲の人もその人が家出人かどうかなど判別をすることができません。

また、大人が家を出るということは単に家を出ることが目的ではなくそれだけ追い詰められているというケースが多いので、そのまま自殺ということも考えられます。

それだけに大人が家出をしてしまった場合には、命の危険性も考えられるのでできるだけ早めに捜索を依頼することが重要となります。

失踪事件というのは早めに行動をすればするほど見つかる可能性が高く、逆に時間がたてばたつほど足取りを追うのが難しくなってしまいますから、どれだけ早い段階で行動を起こし見つけることができるのかということがポイントとなります。

子供の家出を防ぐには

子供が家出してしまう原因として上げられるのは、実家に住んでいる未成年者のうち、小学生の場合は家庭環境が8割を占めています。
中高生になると家庭環境の他に学校関係や、異性関係といった問題も含まれます。

 
実家に帰らないだけではなく、地元を出て他の場所で新たな自分として生活を行っている人もいます。
ここ最近では、数日間の家出を行って実家に戻ってくるといったプチ家出が多くなっています。

 

プチ家出が多くなり、2〜3日ほどで家に帰ってくるといったことを繰り返されると警察や家族も「まただ」と思うようになり、心配をする傾向が薄れます。

その後、事件に巻き込まれて親や警察に責任を問われるといったケースも増えています。

 

初めの頃は関心を持っていた親も、反抗期だと判断して興味が薄れてしまいます。
突発的な出来事と思う親に反して、子どもは何らかの前兆を見せていることが多いです。
その時に、不満の解消がきちんと出来ていれば、プチ家出の回数も減っていきます。

 

全ての事柄に共通しているのは人間関係による問題が上げられます。
親は子どもへの関心を忘れずに、少しでも違和感を感じたなら話を聞く・声を掛けておきましょう。