TeR Detective Office

インターネット関連調査

日本でインターネットを利用している人の数は、
1億18万人(平成26年末調べ)、
と国民の10人に8人以上の人たちが
インターネットを使っている計算になります。
また匿名性や情報発信が容易なことから、
個人や企業の名誉を傷つける表現や、
利益を損なう書き込み、
個人情報の流出や
ネットストーカー問題、差別を助長する書き込みや人権問題、悪徳商法やネット詐欺など、
様々なトラブルが発生しています。

以下のような
トラブルがあります

  • 誹謗中傷や悪評で名誉を傷つけられた
  • 風評被害で会社の利益を損なった
  • ネガティブな検索ワードで社名が表示される
  • ネットストーカー被害に遭っている
  • 個人情報を流出された
  • 悪徳商法やネット詐欺にあった
  • パスワードを盗まれ、なりすまし被害を受けた

まず、
「何をどうしたいのか」をハッキリと
決めていただく事が重要です。

1~3のトラブルに関しては、
対策業者に頼んでネガティブワードの
順位を下げてもらう方法や、
弁護士に依頼して削除をしてもらう対策がありますが、
犯人を探し出す場合や被害損害賠償請求を行う際には、
探偵や弁護士に依頼して犯人を特定する必要があります。

4~7などのトラブルについては、
探偵や弁護士に依頼して、
犯人の特定や被害損害の証拠収集や
法的措置に踏み切らなければ解決は
出来ないでしょう。
必要に応じて警察に相談し、
刑事事件として対応してもらうケースも
あります。

ただ記事の露出を控えさせれば良いのか、
記事自体を削除したいのか、
犯人を探し出したいのか、
違法行為の証拠をもとに損害賠償をしたいのかなど、
弊社ではお客様が本当に
望まれる解決方法を導き出すことが
重要と考えており、必要に応じて
各種専門家と連携して調査を行うこと、
また無料で紹介もさせて頂いております。

電話で無料相談

03-5731-0054(24時間受付)

(c) 2017 TeR All Rights Reserved.